黒丸家住宅 珠洲市

黒丸(くろまる)家住宅


所在地 石川県珠洲市若山町黒山


指定物件 主屋、納屋、味噌蔵、米蔵


建設年代 主屋=17世紀後半、納屋・味噌蔵・米蔵=江戸時代前期、


特徴等 


石川県下で最古の民家、土豪の系譜をひく上層農家で、奥能登地方の特色ある平面を持つ


所有形態 私有


概要


黒丸家住宅は能登半島先端の山間部にある。中世以来奥能登に住む土豪で、江戸時代には十村肝煎(とむらきもいり)を務めたと伝える。

主屋は東面し、入母屋造、周囲に桟瓦葺の庇がついた茅葺の大規模な住宅で、西側に山を背負い、北側に二階建ての納屋、西側に土蔵等が建つ。黒丸家住宅は後世の増改築が多くみられるが、主要構造部は当初の遺構をよく残し、土豪の系譜をひく上層農家で、石川県下で最古の民家で、地方色を残している。


黒丸家住宅 珠洲市

黒丸家住宅 珠洲市

関連記事

すべて表示