代表幹事挨拶

 特定非営利活動法人『全国重文民家の集い』は、国指定重要文化財民家(略称『重文民家』)の所有者有志(個人及び一部法人)が、お互いに情報を交換するとともに学識経験者や行政と協力し、また地域社会とも交流して、貴重な建造物とその住文化を次代に継承することを目的とした全国組織の非営利団体です。現在、全国の約130住宅が参加しており、そのほとんどが個人所有の民家です。

 『重文民家』は、歴代の所有者により時代の変化に対応しながら守られてきました。しかし、これからは所有者の高齢化と共に後継者問題を抱える多くの所有者にとって重文民家が『負の遺産』となる現況をふまえても、次代へ継承して行く努力を続けなければなりません。
 その為にも、会員それぞれの環境は違いますが、この会の全員が互いに忌憚のない意見交換や提言の出来る会として、より情報の共有化を図り、世に誇るべき『重文民家』の維持・継承に努める所存です。
 多くの皆様が『重文民家』に関心を持っていただき、声援を送って下されば幸いです。

平成29年5月28日

特定非営利活動法人   全国重文民家の集い

代表幹事 三木 信夫

​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。