草彅家住宅 仙北市

草彅(くさなぎ)家住宅


所在地 秋田県仙北市田沢湖生保内字野村


指定物件 主屋、土間


建設年代 主屋=江戸末期


特徴等 この地方独特の厩と住居が曲屋となる大規模で良質な農家


所有形態 私有


概要


当家の由緒については明らかではないが、広い屋敷と建物の規模からみて上層農家であったと考えられる。建設年代はかって主屋を修理した際、破魔矢に天保の年号があったと伝えられているが、土間の建築年代は明治中期頃で新しい。建物は主屋下手全面に厩及び土間を直角に付けた曲屋形式になり、茅葺屋根をL字型にかけ、主屋を寄棟造り、土間正面を入母屋造りにしている。主屋平面は、広い板敷きの「だいどころ」と裏側に狭い「なんど」三部屋とし、東上手に喰い違い田の字「ざしき」があり、座敷前は入側縁とする。この住宅は、秋田県仙北地方に分布する曲屋系の典型であり、意匠と堅牢性に幕末上層農家の特色を見ることが出来る。


草彅家住宅 仙北市


関連記事

すべて表示