鈴木家住宅 羽後町

鈴木(すずき)家住宅


所在地 秋田県雄勝郡羽後町飯沢字先達沢


指定物件 主屋、土蔵、土地


建設年代

主屋=江戸中期17世紀末(1650~1700)

土蔵=大正4年(1915)


特徴等 土豪の系譜をひく東北最古級の民家


所有形態 私有


概要


鈴木家住宅は、横手盆地の南西端から山間に行った所の集落にあり、冬の豪雪地帯である。同家の先祖は、源義経に仕えた鈴木三郎重家と伝えられ、この地に隠遁土着し、江戸期

には代々肝煮を務めた。

主屋は西面し、前面に二階造りの中門、背面に土蔵が接続しているが、これらは後設されたもので、当初は直屋であったらしい。柱は丸刃の釿仕上げで、七尺間に建つ。土田家住宅と共に秋田県下では最古の遺例で、在地豪族の住宅を思わせる。


参考:国指定重要文化財 鈴木家住宅・染付蔵 http://www.suzukike46daime.jp/




Recent Posts

See All

​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。