大村家住宅 内子町

大村(おおむら)家住宅


所在地 愛媛県喜多郡内子町


指定物件 主屋、裏座敷、宅地


建設年代 主屋=寛政年間(1789~1801年)、絵図


特徴等 内子町で建設年代が判明する最も古い町屋の一つ


所有形態 私有


概要


当家は雑貨商、染物商等を営んだ商家で、明治中期には屋号を大和屋と称した。主屋は、大村家初代・2代が寛政年間に建設したことが大和屋本家図によってわかる。

主屋は街道に面し切妻造り・桟瓦葺・二階建てで、平面は通り土間があり正面の部屋を店の間としている。二階は座敷にしていない。

この住宅は、内子町で木蝋が盛んになる以前の町屋の形式を知る上で貴重である。又、付属屋がそろって残り、建設年代や経過が記録されている。


大村家住宅 内子町

関連記事

すべて表示