渡部家住宅 松山市

渡部(わたなべ)家住宅


所在地 愛媛県松山市東方町


指定物件 主屋、表門、米蔵、倉、宅地


建設年代


主屋=慶応2年(1866年)

棟札、表門=江戸末期(1701~1800)

米蔵=明治41年(1908)

倉=明治24年(1891)


特徴等 質の高い屋敷構えの残る庄屋の家


所有形態 一般財団法人 重要文化財渡部家住宅保護財団


概要


この住宅を建設した渡部三郎兵衛長綱は、天保15年(1844年)に分家して庄屋として現在地に移ったと伝える。

主屋は南面し、本瓦葺きで入母屋屋根の四方に庇を廻し、二重屋根の外観を持つ。大屋根には、「越し屋根」と云われる茅葺屋根の煙り出しがあるのが珍しい。建物は右手に広い土間と上手に多数の部屋を持ち、床・棚・付書院を備えた本格的な座敷が2室ある。  


渡部家住宅 松山市

渡部家住宅 松山市

関連記事

すべて表示