松延家住宅 立花町

松延(まつのぶ)家住宅


所在地 福岡県八女郡立花町兼松


指定物件 主屋(座敷部、土間部)


建設年代 19世紀後半


特徴等 妻入の2棟が並ぶ土蔵造りの町屋、大壁造り


所有形態 私有


概要


久留米から熊本へ通じる脇街道の宿場町にある松延家は、この地で特産の和紙や茶などを扱う商家であり、柳川藩の御用商人でもあった。

松延家は街道に面して、白壁を厚く塗った土蔵造りの妻入・瓦葺の二階建2棟が並んで建ち、両側面に招き型の下屋をもっている。2棟の内部は一体となり、連続した平面で一種の二棟造りで、左側は通り土間と土間の左側が床上部、土間の右側は床上部の建物である。豪商の家だけに良材を用い、座敷廻りも良く整っている。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。