中島家住宅 添田町

中島(なかじま)家住宅


所在地 福岡県田川郡添田町添田


指定物件 主屋、醤油蔵、酒蔵


建設年代 主屋=安政6年(1859年)、鬼瓦銘


特徴等 大壁造り、白壁の町家


所有形態 私有


概要


中島家は「綿屋(わたや)」という屋号で、江戸末期頃から、「はぜろう」や酒、醤油などを作って商っていた。建物は南北に通る街道に面して東側にあり、平入りの主屋と、その右に妻を街道に向けた醤油蔵が建つ。主屋は切妻造りの桟瓦葺で大棟に鬼瓦があり、左端の座敷部二部屋の棟は段違い切妻造りとしている。


中島家住宅 添田町

関連記事

すべて表示