旧戸部家住宅  みなかみ町

旧戸部(とべ)家住宅


所在地 群馬県利根郡みなかみ町湯原

(旧 利根郡川場村より移築)


指定物件 主屋


建設年代 18世紀前期


特徴等 低い軒など閉鎖的な外観は古式を残す


所有形態 みなかみ町


概要


主屋は山間部より移築したもので、寄棟造り茅葺で棟は植物を植えた「くれぐし」とし、壁が多く・軒の低い閉鎖的建物である。内部は右側半分が土間と厩、左側が床上部となっている。上手のトコを備えたオキノデエ(正式な座敷)のトコと反対側に狭いトボ(土間)を造っているのは、群馬県山間部古民家の特徴である。


旧戸部家住宅  みなかみ町

関連記事

すべて表示