旧生方家住宅 沼田市

旧生方(うぶかた)家住宅


所在地 群馬県沼田市西倉内町

(旧 沼田市上之町より移築)


指定物件 主屋


建設年代 17世紀末期


特徴等 通り土間と2列の部屋からなる妻入の町家


所有形態 沼田市


概要


生方家は武士生方兵部介を祖とし、江戸時代には藩の薬種御用達を努めたと伝える商家である。主屋は、切妻造り妻入り・板葺・石置き屋根である。内部は、妻入り左側の通り土間と右側に2列の部屋からなる町家で、もとは日光街道に面して建っていた。側面は防火のため大壁としている。東日本の町家として古い部類に属する。


旧生方家住宅 沼田市

関連記事

すべて表示