堀江家住宅 庄原市

堀江(ほりえ)家住宅


所在地 広島県庄原市高野町中門田


指定物件 主屋


建設年代 17世紀初期(18世紀に改造)


特徴等 古風な要素を残す大型農家


所有形態 私有


概要


主屋は東南に面し、入母屋造り・茅葺で、間取りは東側の土間と西側の座敷が東西にほぼ半分に分かれる。天井を張らず、小屋組が見えるのも内部空間を広くしている。ただ構造上の関係か内部には多数の柱が独立して建っているのが目立った。

堀江家は17世紀初期までに建てられた基本構造を18世紀初期頃に改造したもので、解体修理後旧に復され、居室部は「かって」「なんど」「おもて」の三室からなり、広間型三間取りと呼ばれる古い形式を残している。断面不整形の太い柱は曲がりくねった栗材を巧みに使い蜜に配した古風な形式のもので,釿加工痕がある。


堀江家住宅 庄原市
(写真提供 堀江家)

関連記事

すべて表示