奥家住宅 三次市

奥(おく)家住宅


所在地 広島県三次市吉舎町敷地


指定物件 主屋


建設年代 天明8年(1788年)、棟札


特徴等 この地方の比較的新しい民家の代表例


所有形態 私有


概要


広島県中央北部に位置する農家で、庄屋を勤めていたという。建物は南面し入母屋造り茅葺で、整形六間取りの平面を持つ。整った意匠になり、土間部分の架構は五重にも積み重ねられ、その量感と丁寧な仕事ぶりはこの家の大きな見所である。残された「本宅普請万覚帳」と題された普請帳は農村の生活を知る上で貴重な資料となっている。


奥家住宅 三次市

関連記事

すべて表示