吉原家住宅 尾道市

吉原(よしはら)家住宅


所在地 広島県尾道市向島町


指定物件 主屋、納屋、宅地


建設年代 主屋=寛永12年(1635年)頃、文書


特徴等 在郷武士の家系を引く古式な農家


所有形態 私有


概要


吉原家住宅は尾道の向かいに浮かぶ向島のほぼ中央の丘に所在する。先祖はこの島に割拠した武士で、江戸時代には近隣五ヵ村の庄屋を勤めた。東側の道を少し登り長屋門を入ると正面に主屋がある。主屋は東面し寄棟造り茅葺で、北側に二間の土間があり、南側の床上部は六室構成で棟通に正面東側と背面西側に分け、正面側には外縁を廻している。部屋は畳割による寸法体系を持ち当初から畳を敷き詰め、古いにも関わらず壁の少ない開放的な建物である。


吉原家住宅 尾道市

関連記事

すべて表示