旧古井家住宅 姫路市

旧古井(ふるい)家住宅


所在地 兵庫県姫路市安富町皆河


指定物件 主屋


建設年代 室町後期


特徴等 圧倒的な存在感と閉鎖的な室内を持つ中世民家


所有形態 姫路市


概要


古井家は、揖保川から分かれる林田川上流に当たる山の麓に建ち、代々農林業を生業とした。建物は入り母屋造り茅葺で低い軒線と周囲を塗り回す大壁形式の土壁、閉鎖的な戸口がある。居室部は前座敷三間取り形式で、2室を竹床としている。材は、一面に手斧仕上げの蛤刃跡が見られる中世民家の一つである。



関連記事

すべて表示