座主家住宅 七尾市

座主(ざす)家住宅


所在地 石川県七尾市中島町藤瀬


指定物件 主屋


建築年代 18世紀初


特徴等 口能登地方民家の代表的なもので、構造は古式で開口部が少ない


所有形態 私有


概要


座主家はもとこの藤瀬にある藤津比古神社を鎮守する妙光寺の座主坊と伝え、江戸時代にはこの地で肝煎(きもいり)を務めた家である。

屋敷は神社の近くにあり、丘陵を背に、前面に石垣を組んだ低い台地にある。主屋は南面し入母屋造、茅葺である。座主家住宅は能登半島南部に分布する口能登型平面の民家の代表的なもので、建設年代もこの地方で最も古い形式をもつ遺構である。


座主家住宅 七尾市

座主家住宅 七尾市

関連記事

すべて表示