細川家住宅 さぬき市

細川(ほそかわ)家住宅


所在地 香川県さぬき市多和額東


指定物件 主屋


建設年代 江戸後期 18世紀中期頃


特徴等 阿波と讃岐の特徴が見られる古民家


所有形態 私有


概要


当家は代々この地で農家を営んだと伝える。主屋は南面し寄棟造り・茅葺で周囲の壁は柱を塗りこんだ大壁造りで開口部が少ない。内部は広い土間に沿った右手に囲炉裏を中心の土座と続いて座敷がある一列二室の古式平面構成で、座敷の床は竹スノコ床(竹座)である。土座とは土間の土を固めた上に、藁や籾殻を敷き、その上にむしろを敷いて広間とし生活の場としたもので、室町時代の頃の古い様式である。


細川家住宅 さぬき市

関連記事

すべて表示