小比賀家住宅 高松市

小比賀(おびか)家住宅


所在地 香川県高松市御厩町


指定物件 主屋、午門、土蔵、米蔵


建設年代 主屋=江戸前期 17世紀前半


特徴等 四方蓋造の外観と広大な土間を持つ庄屋の家


所有形態 私有


概要


当家の先祖は甲斐源氏武田氏から分かれたと伝え、武田滅亡後、姓を小比賀氏と変えて四国に渡ったもので、現在地に17世紀前期に移住した。その後政所を勤めたり、藩に出仕する等して江戸時代を通じて栄えた旧家である。正面(南側)に馬場があり長大な茅葺午門の後方を屋敷地とし、ほぼ中央に主屋があり、その後方に米蔵、土蔵が建つ。主屋は横長の大規模な建物で、梁間の狭い茅葺寄棟造り屋根の四方に本瓦葺の広い庇を付けた「四方蓋造(しほうぶたづくり)」で、棟上に本瓦葺の煙出しがある外観と、内部の広大な土間に特徴がある。平面は、基本的には土間と2列3室からなる六間取りで、土間の部屋側に幅1間半の板敷があるが、建設後何度か改造されている。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。