石井家住宅 相模原市

石井(いしい)家住宅


所在地 神奈川県相模原市藤野町澤井


指定物件 主屋


建設年代 宝永4年(1707年)、梁仕口墨書


特徴等 整形六間取りの本格的な座敷構えが備えられた上層民家


所有形態 私有


概要


石井家は後北条家に仕えた地侍を祖とし、江戸時代には代々澤井村名主を努めた。主屋は南面し一部2階建て、昭和12年に入母屋造り・茅葺屋根を現在の切妻造り・鉄板葺・四面庇付に改めている。

土間と2列3室からなる年代が確実な整形6間取り民家の古例で、広間型三間取りが基本の神奈川県民家で四間取り民家の系統を考える上で貴重である。上手の座敷は本格的な床・棚・欄間を備え、柱の仕上げもほとんど鉋仕上げで、18世紀初期の民家として大型かつ良質で、現在も住宅として継承されている。


石井家住宅 相模原市

外部リンク:http://www5.plala.or.jp/ishii/

関連記事

すべて表示