旧太田家住宅 川崎市

旧太田(おおた)家住宅


所在地 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1 川崎市立日本民家園構内

(旧 茨城県笠間市片庭より移築)


指定物件 主屋


建設年代 母屋=17世紀後半、土間=18世紀後半


特徴等 土間の大きな分棟型(床上部と土間部)農家・名主の家


所有形態 川崎市


概要


太田家は分棟型民家で、二棟を繋ぐ丸太を刳り抜いた大きな雨樋で雨水を屋外へ出している。右手の棟大戸口より入ると土間と厩で、左側の棟が床上部広間型三間取りである。手前から広間・座敷・部屋があり、畳敷きの座敷側に屋根が張り出した土庇(どびさし)が座敷の正式出入り口である。


旧太田家住宅 川崎市

関連記事

すべて表示