山中家住宅 いの町

山中(やまなか)家住宅


所在地 高知県吾川郡いの町越裏門


指定物件 主屋


建設年代 18世紀中期頃


特徴等 高知の山間部の古民家


所有形態 私有


概要


高知県中央北部の吉野川上流山間部にある山中家の歴史は明らかでないが、最も古い位牌は明和6年(1769年)のものであるという。建物は南面し、寄棟造り茅葺で、平面は2列3室の計6室からなり、左端入口に畳半分位の小さな土間があるだけで、広い土間がない点に特徴がある。これは当地方が厳寒で、急傾斜面ばかりの土地柄に即した建物で、土間に接して一般民家の土間部分に代わる板床張の「余間(よま)」を設けて、農作物の取入れを兼ね合わせたものと伺える。また冬季の厳しい山間部で、炊事場を主屋内に設けず、谷間の水を利用し屋外に洗い場を設けているのも珍しい。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。