小林家住宅 南丹市

小林(こばやし)家住宅


所在地 京都府南丹市美山町下平屋


指定物件 主屋、小屋、土蔵、腕木門形式の露地門、高塀


建設年代 主屋=文化13年(1816年)、附受納帳


特徴等 平入となるが基本の構成を残して発展した北山型民家


所有形態 私有


概要


小林家の5代目新兵衛が文化13年(1816年)に建立した主屋は、街道一の造作と言われ、次代からは大庄屋を任じられたという。

主屋は南に面し入り母屋造り茅葺で、西寄り平入りを入ると広い土間、右側が床上部となっている。平面を北山型を下敷きとして、妻入りから平入りへの変化、部屋の喰い違いの解消、シモノマの分割と土間化、の相違が見られる。庄屋の屋敷構を残し北山型民家の発展を知るうえでも重要な建物である。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。