瀧沢家住宅 京都市

瀧澤(たきざわ)家住宅


所在地 京都府京都市左京区鞍馬本町


指定物件 主屋


建設年代 江戸後期 宝暦10年(1760年)


特徴等 鞍馬の標準的な町家


所有形態 私有


概要


鞍馬は鞍馬寺の門前に京都と丹波・若狭を結ぶ若狭街道の要衡として発展した町並みである。滝澤家住宅は宝暦10年に炭問屋の住宅として建てられたと伝えられる。西隣の街道沿いに炭・薪の収納に当てる納屋を持っていたが現在別の所有となっている。街道の西側に面し切妻造り・桟瓦葺・二階建ての主屋は18世紀末頃の姿に復元されたものである。間取りは左側の通り土間と右側の床上は一列三室を基本としている。当初二階は物置として使用のため背が低く、屋根は杉皮葺・両妻にうだつを上げていたが、18世紀末頃二階を居住部屋とするため改造して柱を継ぎ足し背を高めている。


瀧沢家住宅 京都市

関連記事

すべて表示