松本家住宅 加美町

松本(まつもと)家住宅


所在地 宮城県加美郡加味町南小路


指定物件 主屋


建設年代 江戸後期 18世紀後半


特徴等 分棟型の在郷武家住宅


所有形態 私有


概要


松本家は仙台伊達藩の重臣奥山家の家老職を勤めた家柄という。

建物は北東の通に面し開放的で、三間取座敷部の主屋と南西に突出する土間を分けた分棟型民家であるが、屋根を見ると茅葺寄棟造りで一体である。元は多くの付属建物があったが今は畑と化している。主屋と土間を分けた分棟型民家の例で在郷武士の住まいである。


松本家住宅 加美町

関連記事

すべて表示