旧中澤家住宅 名取市

旧中澤(なかざわ)家住宅


所在地 宮城県名取市手倉田

(名取市愛島塩手字前野田より移築)


指定物件 主屋


建設年代 江戸後期、18世紀後半


特徴等 江戸中期の整形四間取り中型農家


所有形態 名取市


概要


現存する建物は、旧在地より東約1.5kmの公園化された場所に移築されたものである。構造は寄棟造り茅葺、石場建てで、内部は上手約半分が名取一帯に古くから見られる名取型と呼ばれる田の字型四間取りで、土間と日常だんらんの部屋との間には仕切りがなく開放されている。土間には3本の独立柱が立っており18世紀後半に建てられたと中型農家と推定される。


旧中澤家住宅 名取市

関連記事

すべて表示