藤岡家住宅 奈良市

藤岡(ふじおか)家住宅


所在地 奈良県奈良市元興寺町


指定物件 主屋


建設年代 18世紀前期


特徴等 奈良の町を代表する町家


所有形態 私有


概要


現在の奈良の町並みは江戸時代以降のものであるが、藤岡家住宅のある元興(がんこう)寺町は古代寺院の元興寺に由来し、敷地も奈良時代の元興寺境内の南端にあたる。元は蝋燭商の住宅であったという藤岡家主屋は東を正面として道路に面し切妻造り・桟瓦葺で、軒が低く庇と大屋根の間隔が狭い、本来の天井裏を物置とするツシ2階の構えである。平面は南をシモミセと通り土間、北側は下手に4室、上手に2室と東側に小間の茶室と中庭がある。奈良町では最も古い町家である。


藤岡家住宅 奈良市

関連記事

すべて表示