菊家家住宅 奈良市

菊家(きくや)家住宅


所在地 奈良県奈良市月ヶ瀬桃香野


指定物件 主屋


建設年代 江戸中期 18世紀初期頃


特徴等 畿内周辺の前座敷三間取り、垂木構造から扠首(さす)構造への変遷を示す小屋組


所有形態 私有


概要


奈良から伊賀上野へ抜ける街道から入った道脇に建つ菊家家は、姓はかって兼業していた旅籠屋の屋号から名付けたとされる。

建物は南面し入り母屋造り・茅葺で、東側の土間(ニワ・マヤ)は広く土間の柱が手斧仕上げで、西側の床上部は土間境で一間ごとに柱を立て、南側にザシキ、北側にシモノマその上手がナンドとし、中世の前座敷三間取り形式の古式が温存されている。なお、この地域では古式が温存され、18世紀末頃に居室部は四間取りの形式に移行した。


菊家家住宅 奈良市

関連記事

すべて表示