旧米谷家住宅 橿原市

旧米谷(こめたに)家住宅


所在地 奈良県橿原市今井町


指定物件 主屋、土蔵及び蔵前座敷


建設年代 主屋=18世紀中期


特徴等 農家的色彩の強い広い土間


所有形態 国(文部科学省)、管理団体=橿原市


概要


南を道路とする敷地の正面に主屋、背後に数奇屋風の蔵前座敷が付属する土蔵がある。米谷家は代々金物と肥料を扱う商家であった。

主屋は南面し建ちの低い切妻造り・本瓦葺で、平面は東側に広い土間とシモミセ、西側の床上部は2列3室の六間取りを基本としているが、背面の部屋は左右を通して横長の1室とした5間取りである。土間内の竈屋(かまや)に煙り返しの梁を用いて桁行方向に空間的に仕切る手法は農家的色彩が強い。


旧米谷家住宅 橿原市

関連記事

すべて表示