中橋家住宅 橿原市

中橋(なかはし)家住宅


所在地 奈良県橿原市今井町3丁目


指定物件 主屋


建設年代 18世紀後期


特徴等 幕末期の新しい要素を表す町家


所有形態 私有


概要


中橋家は南に御堂筋、西に小路のある角地にあり、江戸時代には米屋を営んでいた。

主屋は南面し切妻造り・本瓦葺で当初は平屋建であった。現在は低いツシ(屋根裏の物置場)2階の構えとなっているがこれは19世紀の初めに2階を増築したときの改造である。平面は西側を狭い通り土間とし、東側の床上部を2列3室の六間取りで、上手の部屋の間口が下手列よりも広い。


中橋家住宅 橿原市

関連記事

すべて表示