西田家住宅 五条市

西田(にしだ)家住宅


所在地 奈良県五條市西吉野町鹿場


指定物件 主屋


建設年代 江戸時代前期


特徴等 中世の技法を多用した前座敷三間取り


所有形態 私有


概要


西田家は、吉野の山間に位置する中型の農家である。

主屋は山を背景に東を正面とし入母屋造り・茅葺の上に亜鉛引鉄板葺で、外回りは引戸板戸が多く閉鎖的である。内部は南側の土間が半分近く占め、北側床上部は前座敷三間取りを基本とした形式で正面側周りも半間の板壁に板戸を引き込む形式である。

建物は、前座敷三間取りや垂木構造など随所に中世以来の技法を残す一方、床の間など接客空間の発展が見られ、同時にこの地方の特色を良く示す民家として重要である。


西田家住宅 五条市

関連記事

すべて表示