笹岡家住宅 葛城市

笹岡(ささおか)家住宅


所在地 奈良県宇陀市大宇陀区藤井


指定物件 主屋、長屋門


建設年代 主屋=寛永年間(1624~44年)、代々記


特徴等 豪壮な土間の梁組、整形四間取りでネマを内座敷として床を置く


所有形態 私有


概要


江戸時代以来大庄屋を勤めた笹岡家は、山間谷合地の中腹にあり敷地の東南側に石垣を築く。南側桟瓦葺の長屋門を入ると奥に南面する入母屋造り・茅葺の主屋が建つ。建物の西側半分を占める土間は、太い梁組ですぐ左のウマヤ・背面のカマヤに区切る事や、4間半と極めて長大な上屋梁を使用している事である。土間東側の居室部は整形四間取りを基本に背面の2室を庇で広げている。南側ザシキ背面のネマは開放的であるがザシキとの境の床の間はネマ側に、ザシキの床の間は東妻側に付く。この住宅は、大規模な梁間を持つ四間取りの民家として進んだ面も見せるが、随所に古式の技法も見せる豪農の住まいである。


笹岡家住宅 葛城市

関連記事

すべて表示