高木家住宅 橿原市

高木(たかぎ)家住宅


所在地 奈良県橿原市今井町1丁目


指定物件 主屋


建設年代 19世紀中期


特徴等 江戸時代後期の発達した間取り


所有形態 私有


概要


高木家住宅は中尊坊通りに面して建ち嘉永7年(1854年)に家業の醤油業を始めている。今井町の重要文化財民家では最も建築年代が新しい。

主屋は切妻造り・本瓦葺の建ちの高い2階建で、二階正面も虫籠窓を改め出格子窓とし、西南隅に坪庭を設け特別な時の玄関として腕木門を設ける。

平面は東側を通り土間とし西側の床上部は間口の広い2列3室の六間取りである。上手奥のザシキは床・違棚・書院を完備したもので、二階は「つし」でなく全て天井が張られ完全

な部屋としてい7室ある。居住性の向上跡がよく分かる建物である。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。