旧矢掛本陣石井家住宅 矢掛町

旧矢掛本陣 石井(いしい)家住宅 


所在地 岡山県小田郡矢掛町矢掛


指定物件


主屋、座敷、御成門、裏門、内倉、西倉、米倉、酒倉、絞り場、麹室、中門、宅地


建設年代 主屋=江戸末期 (江戸末~明治初)


特徴等 宿場の本陣と生産施設


所有形態 私有


概要


矢掛町は東西に通じる山陽道の宿場町として栄えた。本陣と酒造屋を兼ねていた石井家の屋敷構えは、街道側に沿って居室部分と本陣接客部分がある北向きの屋敷で、背面に酒造施設を設けている。全国唯一の本陣は御成門を前に、玄関、上段の間を備えた威儀正しい構えである。居室部分は屋敷東側に寄せて、主屋はT字型入母屋造・本瓦葺・平入りの店舗を建て、台所棟を南に突き出している。台所棟の西側に切妻造り入母屋本瓦葺の座敷棟がある。裏に回ると、酒造関係の建物、米倉、酒倉、絞り場、麹室(こうじむろ)等が軒を並べ、裏口に裏門座敷長屋がある。この長屋は宝永3年(1706年)備中・森家の西江原陣屋から移築したものである。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。