旧大原家住宅 倉敷市

旧大原(おおはら)家住宅


所在地 岡山県倉敷市中央1丁目


指定物件 主屋、内倉、離座敷、倉、新倉、中倉、内中倉、北倉、壬子倉、西倉


建設年代 主屋=19世紀初期


特徴等 豪商居宅の建築群


所有形態 (株)三楽


概要


大原家は倉敷川に面して2階建ての表門があり、周囲を塀で囲む際立って大きな屋敷地を構えている。こうした塀の構えは町家としては異例である。通常町家は道路に面して間口一杯に建物を建てるが、大原家住宅は敷地の片側に寄せてT字型入母屋造り・桟瓦葺の主屋を川に面して建て、土蔵は敷地の奥、川から遠い場所に建てている。


旧大原家住宅 倉敷市

関連記事

すべて表示