降井家書院 熊取町

降井(ふるい)家書院


所在地 大阪府泉南郡熊取町大久保


指定物件 書院


建設年代 江戸前期 17世紀初期


特徴等 役宅における数奇屋風の接客空間、別棟による構成


所有形態 私有


概要


降井家は中世以来の豪族で、熊取町では中家と共に大庄屋を勤めた。屋敷図によると、書院はかって主屋とは離れ、背面には広間が接続して現在よりやや南側にあったが、明治末の改造により現在地に曳屋された。村の役宅には巡回する役人の接客という特別の機能が求められ、主屋とは別棟で構える8畳の上段の間と、12畳の次の間の2室構成の書院は、上段の間の座敷飾・面皮柱・茅を用いた天袋など数奇屋風要素が強い。本来「座敷」とはこのような独立した建物を指す言葉であり、民家にはなかった。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。