高林家住宅 堺市

高林(たかばやし)家住宅


所在地 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町


指定物件 主屋、表門、米蔵、西蔵、宅地、山林、溜池、雑種地


建設年代 主屋=天正年間(1573~1592年)


特徴等 当初は中世に遡る整形四間取りの主屋、歴史の中で形成された豪農の屋敷構


所有形態 私有


概要


当家はもともと武士の出で,天正元年(1573年)頃帰農してこの地に居を定め、江戸時代は大庄屋も勤めた旧家である。主屋は、天正年間に寄棟造りで創建後、17世紀末頃座敷を付加し、寛政11年(1799年)に現在の座敷が建築され、主屋を大和棟の形式に変更。幕末期19世紀の初め頃現在の姿に整えられて、当初の形式はほんど留めていない。


高林家住宅 堺市

関連記事

すべて表示