高橋家住宅 和泉市

高橋(たかはし)家住宅


所在地 大阪府和泉市池田下町


指定物件 主屋


建設年代 17世紀中期以前


特徴等 整形四間取りに座敷室を接続する六間取り型の庄屋の家


所有形態 私有


概要


高橋家は、中世に和泉池田庄一帯を所領した武士の出で、近世の文書も残す。近世以後は帰農して庄屋を務めた。主屋の建立年代は工法等から17世紀中期以前と推定されるが、19世紀初期頃に下屋部分の改造があった。南面する主屋は、入母屋造り・茅葺・四面庇付本瓦葺で、整形四間取りが基本の前後に庇で4畳の部屋を補っている。さらに上手側は上段形式の座敷3室を主屋に取り込み、全体としては整形六間取りとする整った構成で、中世の武家風を伝え格式を整えた民家である。


高橋家住宅 和泉市

関連記事

すべて表示