山本家住宅 河内長野市

山本(やまもと)家住宅


所在地 大阪府河内長野市小深


指定物件 主屋


建設年代 江戸時代中期(17世紀末頃)


特徴等 外周間口を広げる工夫が見られる整形四間取り民家


所有形態 私有


概要


山本家は江戸時代には庄屋を勤め、藩主の鷹狩りには本陣に使われたとされる。南面する整形四間取りの主屋は、入母屋造り・茅葺でかっては西側に別座敷が続いた。建物の周囲は袖壁付片引戸ではなく、いずれも間口いっぱいの差鴨居に、板戸と明障子戸の突止溝としている。豊富な材料によって下屋を取り込み、外部境を開放的にする傾向を示す早期の例として重要である。


山本家住宅 河内長野市

関連記事

すべて表示