山本家住宅 河内長野市

山本(やまもと)家住宅


所在地 大阪府河内長野市小深


指定物件 主屋


建設年代 江戸時代中期(17世紀末頃)


特徴等 外周間口を広げる工夫が見られる整形四間取り民家


所有形態 私有


概要


山本家は江戸時代には庄屋を勤め、藩主の鷹狩りには本陣に使われたとされる。南面する整形四間取りの主屋は、入母屋造り・茅葺でかっては西側に別座敷が続いた。建物の周囲は袖壁付片引戸ではなく、いずれも間口いっぱいの差鴨居に、板戸と明障子戸の突止溝としている。豊富な材料によって下屋を取り込み、外部境を開放的にする傾向を示す早期の例として重要である。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。