岡本家住宅 宇都宮市

岡本(おかもと)家住宅


所在地 栃木県宇都宮市下岡本町


指定物件 主屋、表門


建設年代 江戸後期(18世紀後期)


特徴等 土間と客室が雁行型になった豪農の民家


所有形態 私有


概要


岡本家は、江戸時代庄屋格組頭を務めた家である。

主屋は、南面し寄棟造り茅葺で、正面左側土間と上手居室からなる後方の棟と、座敷を中心とする右側前の棟を平行に食い違いに並べて、その前後を短い棟で繋いで1棟とした形である。こうした形式は栃木県で見られるが、当家のものは建築年代も古く保存状態が良い。表門は、入母屋造り桟瓦葺である(下記写真)。(現在主屋は修理中)


岡本家住宅 宇都宮市

岡本家住宅 宇都宮市

関連記事

すべて表示