福永家住宅 鳴門市

福永(ふくなが)家住宅


所在地 徳島県鳴門市鳴門町高島


指定物件 主屋、離座敷、土蔵、納屋、塩納屋


建設年代 主屋=江戸後期 文政11年(1828年)、棟札


特徴等 塩田をもつ製塩を営んだ民家


所有形態 私有


概要


福永家の祖先は、寛文9年(1669年)小鳴門海峡に面したこの地に移り、塩田と住宅を購入し、代々製塩業を営んだ。 

主屋は南面し切妻造り本瓦葺で四方に庇が付いた形であり、平面は土間を南北二つに区切り、上手に4室からなる四間取である。建物で特徴があるのは製塩業に関わった付属屋である。



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。