福永家住宅 鳴門市

福永(ふくなが)家住宅


所在地 徳島県鳴門市鳴門町高島


指定物件 主屋、離座敷、土蔵、納屋、塩納屋


建設年代 主屋=江戸後期 文政11年(1828年)、棟札


特徴等 塩田をもつ製塩を営んだ民家


所有形態 私有


概要


福永家の祖先は、寛文9年(1669年)小鳴門海峡に面したこの地に移り、塩田と住宅を購入し、代々製塩業を営んだ。 

主屋は南面し切妻造り本瓦葺で四方に庇が付いた形であり、平面は土間を南北二つに区切り、上手に4室からなる四間取である。建物で特徴があるのは製塩業に関わった付属屋である。


福永家住宅 鳴門市

関連記事

すべて表示