旧小采家住宅 三好市

旧小采(こうね)家住宅 


所在地 徳島県三好市東祖谷山菅生 いやしの温泉郷構内

(東祖谷山栗枝渡名より移築) 


指定物件 主屋


建設年代 江戸末期 天保年間(1830~44年)、伝承


特徴等 祖谷(いや)山中の小規模一間取り民家     


所有形態 三好市


概要


徳島県山間部で江戸時代に建設された典型的な小規模住宅の数少ない遺構である。屋根は寄棟造り・茅葺で平面は左側平入りで土間を入ると右手に1室の一間取りと、土間のおくを板張にした炊事場がある簡素なもので往時のまま残っている。


旧小采家住宅 三好市

関連記事

すべて表示