矢部家住宅 八東町

矢部(やべ)家住宅


所在地 鳥取県八頭郡八頭町用呂


指定物件 主屋、土地


建設年代 17世紀初期


特徴等 古式な垂木構造の農家


所有形態 私有


概要


矢部家は地侍の末裔と伝え、江戸時代には庄屋を勤めた。主屋は南西に面し、入母屋造り・茅葺である。間取りは、西側半分が土間、中央部が板敷きの間、東側が畳敷の小部屋となるが、中央部と東側は後世に改造されている。


矢部家住宅 八東町

関連記事

すべて表示