岩瀬家住宅 南砺市

岩瀬(いわせ)家住宅


所在地 富山県南砺市西赤尾町


指定物件 主屋


建設年代 江戸後期(1751~1829)


特徴等 庄川流域における合掌造の最も発展した形式を示す


所有形態 私有


概要


岩瀬家住宅は、五箇山の最奥部にある。もと煙硝の上煮役を務めた藤井長右衛門氏の宅であった。建物は大規模な住宅で東南に面し一重四階、切妻造、茅葺の合掌造、四隅に鉄板葺の庇が回る。入口は平入。


岩瀬家住宅 南砺市

岩瀬家住宅 南砺市

関連記事

すべて表示