有近家住宅 山口市

有近(ありちか)家住宅


所在地 山口県山口市徳地八坂


指定物件 主屋、米蔵、長屋、漬物小屋、正門、仕込蔵及び留蔵、瓶洗場


建設年代 主屋・米蔵=明治、正門・仕込蔵及び留蔵=大正、長屋・瓶洗場=昭和


特徴等 建物の構成や室内の意匠が、近代の大規模住宅発展の過程を示すものとして重要


所有形態 私有


概要


有近家住宅は、山口市東部の徳地八坂に所在し、防府から津和野に抜ける街道に面して敷地を構える。江戸時代から酒造業を営み、明治時代には周辺の農地や山林を所有する当地方有数の地主となった。

主屋は明治25年に街道に面して建てたものを大正13年に曳家して現在地に移したと考えられ、曳家にあわせて玄関や応接室、隠居屋などが増築され、現在の屋敷構えが整えられた。さらに昭和8年には防府の毛利本邸にならったとみられる秀麗なつくりの表座敷が増築された。

有近家住宅は、建物の構成や室内の意匠に近代における発展の過程が認められ、当地方における近代の大規模住宅の展開を示すものとして重要である。


有近家住宅 山口市
(主屋外観写真 有近家提供)

関連記事

すべて表示