国森家住宅 柳井市

国森(くにもり)家住宅


所在地 山口県柳井市柳井津


指定物件 主屋


建設年代 明和5年(1768年)頃


特徴等 土蔵造、妻入の町家


所有形態 私有


概要


国森家は柳井の中心部、古市金屋伝統的建造物群保存地区内にあり、もと森田屋といい、油の製造販売を生業とした豪商であった。主屋は通りの南側にあり、北面し入母屋造り2階建・本瓦葺の土蔵造りで、前面と西側に庇を葺きおろしている。入口は道路に面して妻入りで、内部は右西側に裏側まで通じる土間があり、東側に部屋を設けている。土間の正面には大戸をはめ、部屋前面のミセは、内側に跳ね上げる形式の板戸(ブチョウ)で仕切って、外側へミセを開放するしかけとなっている。


国森家住宅 柳井市

関連記事

すべて表示