森田家住宅 萩市

森田(もりた)家住宅


所在地 山口県萩市大字黒川


指定物件 主屋、付属指定=貫木門、塀重門、塀重ね門左右板塀


建設年代 18世紀中頃


特徴等 御成りを迎えた大型農家の主屋


所有形態 私有


概要


森田家は、萩市の東方旧黒川村の庄屋を勤めた豪農で、苗字帯刀を許され、毛利藩主鷹狩りの際は休憩所や本陣に当てられたといわれている。主屋は南西に面し入母屋造り桟瓦葺であるが、明治時代に改造され元は茅葺であった。天保頃に表側の座敷廻りを改造し、同時に貫木門(表門)、塀重門及び板塀を建てている。平面は床上部を棟通りに前後に仕切る六間取りであるが、座敷の端を畳廊下と落ち縁が廻り、座敷の床の間も部屋の隅を挟んで床と脇床が直角に向き合っているのも珍しく、良質で保存がよい。      



​事務所所在地(Office)

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4丁349番地

特定非営利活動法人 ​全国重文民家の集い

4-349 Mozuakahata-cho,Kita-ku,Sakai,Osaka,591-8037,Japan

JAPAN HISTORIC HOUSES OWNERS' SOCEITY

全国重文民家の集いリ-フレット(下記からダウンロ-ド)

(Leaflet)

© 2018 特定非営利活動法人 全国重文民家の集い

お問い合わせ

本ホ-ムペ-ジの一部は、「公益信託大成建設自然・歴史環境基金平成29年度助成金」を受けて作成しました。